logo.png

Careお手入れ方法

初めてお使いになる前に

新しいタオルにはいくつもの製造工程の間で細かいホコリがどうしても含まれてしまいます。
また毛羽落ちを軽減させるため、ご使用の前に一度多めの水で単独洗いをおすすめいたします。
余分な染料の粒子が取れますし、より清潔な状態でご使用になれます。

おすすめのお洗濯方法

タオル生地の特性上、引っかかりや毛羽落ちが多少あります。
防止のため洗濯ネットのご使用や単独洗いをおすすめします。
また多めの水で洗うことにより余分な毛羽が取れやすくなります。
毛羽の再付着防止のためクズ取りネットをご使用ください。

色移りや色落ちを防ぐために、濡れたまま長時間放置しないでください。
水道水に含まれる塩素により色が変わることもあります。
また濃色の物と淡色の物は別々に洗うことをおすすめします。

毛羽落ちや色落ちはお洗濯を繰り返すにつれてだんだんと落ち着いていきます。
落ち着いた状態を確認してから他の物と一緒に洗ってください。
その際にも濃色の物と淡色の物は別々に洗うことをおすすめします。

入浴剤を使用したお風呂の残り湯は、変色する可能性がありますのでお避けください。

消臭機能の劣化を招く恐れがありますので塩素系洗剤・漂白剤および柔軟剤のご使用はお避けください。
柔軟剤に含まれる成分で繊維が滑りやすくなり、毛羽落ちやパイル抜けがおこります。
また繊維をコーティングするためタオル自体の吸水性が悪くなります。

柔軟剤・漂白剤が含まれている洗剤を使用して消臭機能が低下した場合は、
水2Lにキャップ1杯のクエン酸または酢を入れて1~2日程度漬け置きすると、消臭機能が改善されることがあります。
その場合色落ちや色移りする可能性がありますので単独で行ってください。

おすすめの干し方・取り込み方

脱水終了後はすぐに両端を持ってパンパンと振って、伸ばしながら形を整えて干してください。
そうすることで表面の毛羽が落ち、パイルにも空気が含まれて、柔軟剤を使わなくても硬くなるのを抑えふんわりとした風合いが保たれます。

干した後取り込むときにも、両端を持って軽くはたいていただくと毛羽が落ちます。
また直射日光より日陰干しに、長く放置するより乾いたらすぐに取り込んでいただいた方がタオル自体の風合いがより保たれます。

パイルが引っかかった時には

パイル(生地表面の輪になっている部分)が伸びてしまった時には、根元をハサミなどでカットしてください。
ほつれた部分はそれ以上進行しませんし、目立たなくなります。
無理に引っ張りますとパイル伸びが広がりますのでおやめください。

※ハサミなどのお取扱いには十分お気を付けください

その他のご注意

消臭効果を実感するには個人差があります。
またお薬の服用や体調によっては体臭が変化し、消臭されない場合があります。

体臭・天然臭以外の人工的な臭い(柔軟剤、芳香剤、香水、タバコ、薬品など)は分解しません。

アレルギーテスト済ですが全ての方にアレルギーや刺激が起こらないというわけではありません。